必見!塾講師の応募マナー

 

塾講師の求人へ応募するにあたって、マナーがいくつかあります。

まず心づもりしておかなければいけないことは、

塾講師とは

「生徒の見本となり指導する立場にある」

ということです。

どういった先生に指導してほしいかを考えると、

応募のマナーも自ずと見えてきます。

塾講師は生徒に勉強を教える仕事になるため

学力ばかりを意識してしまいがちですが、

塾講師とは人と接する仕事です。

派手な頭髪や不必要なネイルなどは絶対にNGです!

香水も強すぎるものは避け、口臭や身だしなみなど清潔感を意識します。

また、人に勉強を教えるにあたり分かりやすさが重要になります。

聞き取りやすいはっきりとした口調や笑顔を心がけて面接に臨みます。

初めて人に物事を教えるときは、誰でも緊張します。

しかし、教わる側も少なからず緊張はするものです。

模擬授業の際にはガチガチになってしまうかもしれませんが、

少しでも分かってもらおうとする姿勢が大切です。

予習で問題と解答を確認することはもちろん、

間違いやすい箇所やよくある間違い方を想定して対応策を考えておく必要があります。

授業をこなしていく上で慣れていくことはたくさんあります。

やってみたいという初心を忘れずに行動することが塾講師への第一歩です。