必見!中学受験塾講師の面接対策は何をしたらいいの?

 

塾講師に応募したとき、

必ず採用されるためには面接と簡単な試験を受ける必要があります。

面接は応募理由や塾講師として何ができるか、何をしたいかを確認されます。

そして、他を応募しなかった理由や以前何をやってきたかまで質問されます。

試験のレベルは中学レベルがベースとなっており、

理想は8割正答となっています。

不安がある場合は総復習しておき、

どんな問題でも答えられるよう準備しましょう。

この2つをクリアしたら、最後は模擬授業を実施する必要があります。

模擬授業は塾講師相手に決められた科目の授業をし、

問題なく授業できそうかを判断されます。

初めての授業になるため、多少失敗しても問題はありません。

模擬授業でチェックされるのは2つの項目で、

1つは分かりやすいか

もう1つはコミュニケーションが取れるかどうかです。

分かりやすい授業をすることは当たり前のことであり、

生徒が問題を解けるようになることが仕事のメインです。

そのため生徒のレベルや正確に合わせて伝え方を変え、

分かりやすく授業をしなければなりません。

コミュニケーションに関しては、授業とは関係のない話をすることです。

大半の塾の面接では学力よりコミュニケーション能力が重視されます。

例えば、普段何をしているのか、悩み相談はないか、夢は何かなどを話すと良いでしょう。

中学受験の塾講師は小学生と保護者の方がお相手になります。

生徒に勉強を好きになってもらえるように教えられることが大切ですし、

子どもが塾で頑張って、学力を上げているということで保護者に安心してもらうことも大切なので

コミュニケーション能力は重要と言えるでしょう。