知っておいたほうがいい!塾講師面接のマナー

 

これから塾講師の面接に行こうと思っている方も、

塾講師に興味があるという方も、

面接でのマナーには隅々まで気を配るようにしましょう。

基本的にどの職業の面接でも、

挨拶、服装、受け答えなどは重要ですが、

塾講師の場合は特にそうしたマナーを厳しく採点される傾向にあります。

それは、塾も子供を相手にする教育の場であり、

その素質があるかどうかをその人の身なりや態度で図るためです。

では、そのような服装や態度で挑めば良いのか、具体的に例を挙げてみます。

服装編

まず第一印象を良くするために、服装はできるだけスーツやジャケットなど

きちっとした身なりで固めるようにしましょう。

職業によっては私服のラフな服装でもOKなところも多いですが、

塾の場合はいかに知的で真面目そうに見えるかが勝負となります。

言葉遣い、話し方編

次に、実際の面接での注意事項です。

担当者の人には

目を見てハキハキとした口調で挨拶をし、相手に好印象を持たせるようにします

その後の受け答えも同じように目を見てスムーズに返答するようにしましょう。

多くの塾で聞かれる一般的な質問は5つあります。

①学歴

➁得意科目

③志望動機

④シフト希望

⑤指導したい子供の年齢層

この5つはどこの塾でも聞かれると思っていいでしょう。

あらかじめ返答例を考えておくと受け答えで詰まらずに済むので、

下準備はしっかりしておくのが賢明です。

塾講師の面接マナーは厳しいところもありますが、

きちんと準備さえすれば怖くはないので恐れずチャレンジしましょう!